IMA to MIRAI

​イマとミライ

IMA

イマ

現在

そこには

​みんなが

​気づいていない問題が

 

潜んでいるかも?

MIRAI

ミライ

未来

そこには

子どもへのやさしさと

子どもたちの笑顔が

​あふれてる

IMA

​ケース1:とがった角

家具の角が尖っていると

子どもがぶつからないか心配です。

私たちの「ファーヌ技術」は

ソフトな手当たりで、丸みを

帯びたかたちを作れるので、

​子どもがぶつかった時の危険度

を低減することができます。

MIRAI

私たちはクッションパネルを

用いて家具を作ることで、

このような不安を解消します。

やわらかいクッション性のある

パネルにすることで、子どもが

​体当たりしたって大丈夫です。

​ケース2:かちかちパネル

IMA

一般的な家具は固いパネルやパーツで

作られているものがほとんどです。

子どもが走り回っている時、誤って

ぶつかってしまわないかと心配です。

MIRAI
IMA

​ケース3:指を挟む危険

私たちは子どもたちの安全を

十分に考えて家具を設計します。

​金具の使用を控えたり、危ない部分は

カバーを付けたりして万が一の不安を

少なくする研究を日々おこなってます。

扉や引き出しなどが付いた家具の場合、

子どもが開けたり閉めたりして

指を挟んでしまわないかと不安になります。

​金具の使用も、ぶつからないかと心配です。

MIRAI
IMA

いつ起きてもおかしくない大地震、

もしもの備えは家具にも必要です。

大きな揺れで転倒したり、

中に入ったモノが飛び出してきたり、不安です。

​ケース4:いつ起こるかわからない地震

私たちは、例えば中のモノが

飛び出さない扉にしたり、

倒れないように設置を工夫したりと、

豊富な知識を活かして子どもたちや

保育士さんたちの安全を考えた

ものづくりを行います。

MIRAI
IMA

​ケース5:「そざい」を見直す

MIRAI

私たちは、「ロングライフな家具」のあり方や、

「メンテナンスの容易さと快適性」を考えたり、

「かたち」や「いろ」の選択肢を豊富にもつことで

子どもたちが喜ぶ家具づくりをおこなっています。

「そざい」は商品のデザインを考える上で
とても大事なようその1つです。
トレンドは木目柄で統一した空間が多く、
少し味気ない気がします。

 

Copyright © Tokiwa mfg co.,ltd. All rights reserved.

  • Facebook
  • Instagram